蔵のある街は、静けさの似合う街。ゆったりと流れる時間、ひっそりと行き交う人々。閑雅な石畳の小路に、風に揺れる柳の影。北へ登る緩い勾配の坂の途中、佐川醤油の白い蔵は、威風堂々たる構えで立っている。柳井津の栄華と明治の気概を今に伝え、変わらぬたおやかな表情で、今日も静かに立っている。

百余年の蔵を現在地に移設。

佐川醸造の蔵の歴史は古く、明治以来百年以上もの風雪を経て今尚その堂々たる構えは、訪れる人々を魅了してやみません。
しかし何より来客を驚かすのは、この蔵が今でも甘露醤油醸造の現役であり続けていることです。
創業以来、杉の三十石桶で醸造する伝統の製法を今尚頑なに守り続け、
通常の手造り醤油の二倍の歳月と手間をかけて造られる、芳醇な香りと風味の絶品の再仕込み醤油。
今ではインターネットでお気軽にお買い求めになれます。
その深くまろやかな味わいを、どうぞご家庭でごゆっくりお楽しみください。

甘露醤油のお求めはこちら

このページの先頭へ