白壁の町並(国指定重要伝統的建造物群保存地区)

白壁の町並

白壁の町並

柳井川の北側、古市金屋地区に残る町割りは、室町時代からのもので、約200mにわたり、街路に面して白壁と格子窓の家並みが続いています。
藩政時代には岩国藩のお納戸として栄え、産物を積んだ大八車が往来して賑わった町筋で、間口が狭く、奥行きの長い建物は「うなぎの寝床」と呼ばれる江戸時代特有の商家の造りを今に残しています。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、そぞろ歩きの似合う町並です。
夏の金魚ちょうちん祭りの前後には、金魚提灯が軒に吊るされ、一帯は幻想的な雰囲気を醸し出します。

Yanai Walking Map

かけや小路

かけや小路

白壁の通りにひっそりと佇む美しい小路は、かつてあった豪商の屋号を取り「かけや小路(しょうじ)」と名づけられました。
柳井川に続き、緑橋付近の雁木(石段)で荷揚げした産品を運んだ道です。
中世に造営された石積水路の様子を伺える一角ともなっており、夏場になると赤手ガニが路上を散歩するため、「かにが路上を横切ります人も車もご注意を」と記されたユーモラスな看板も立っています。

国森家住宅(国指定重要文化財)

国森家住宅(国指定重要文化財)

「国森家住宅」は、18世紀後半に建てられた商家で、細部まで往時のままに保存されており、江戸時代の典型的な商家建築として国の重要文化財指定を受けています。妻入り入母屋造りの土蔵二階建て、屋根は本瓦葺きです。

◆開館時間:9:00~17:00
◆休館日:月曜日・年末年始
◆入館:高校生以上200円・中学生以下100円
◆柳井市金屋
◆連絡先TEL0820-22-0177

やない西蔵

やない西蔵

佐川醤油蔵の西に位置し、かつて醤油蔵として使用されていた建物を改装したのが「やない西蔵」です。
当時の外観はもとより、中の骨組みをそのままに残しています。金魚ちょうちん作りや、柳井縞の機織り、染色などを体験することができる工房です。

◆開館時間:9:00~17:00
◆休館日:火曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始
◆入館無料(体験は有料)
◆柳井市古市
◆連絡先TEL0820-23-2490

町並ふれあい館・町並資料館・松島詩子記念館(国指定登録有形文化財)

町並ふれあい館・町並資料館・松島詩子記念館(国指定登録有形文化財)

周防銀行本店として建てられた明治後期の建物。日本有数の銀行建築として、国の登録有形文化財の指定を受けています。一階は町並み資料館、二階は柳井出身の歌手である松島詩子のレコードや愛用のドレス、装飾品など約200点が展示された松島詩子記念館となっています。

◆開館時間:10:00~17:00
◆休館日:月曜日・木曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始
◆入館無料
◆柳井市金屋
◆連絡先TEL0820-23-2137

柳井の「金魚ちょうちん」の由来

赤と白のすっきりした胴体に、パッチリと黒い目を開いたおどけた顔の柳井名物「金魚ちょうちん」は、幕末の頃、柳井津金屋の熊谷林三郎(さかい屋)が、青森の「ねぶた」にヒントを得て伝統織物「柳井縞」の染料を用いて創始したといわれています。
その後独自の技法が加わり今に伝わる「金魚ちょうちん」として完成。古くは多くの家々でおとなが作って子供に与えていたとのことです。昭和期に発行された日本郷土玩具番付(日本郷土玩具の会)等でも上位にランクされるなど、山口県の代表的な民芸品にまで成長しました。
現在では柳井のマスコットとして、白壁の町並みのあちこちにその可愛らしい姿を見せています。
また、毎年夏の夕刻に開かれる柳井市のビッグイベント「金魚ちょうちん祭り」では、三千個の金魚ちょうちんの幻想的な灯りで白壁の町並全体が包まれます。

このページの先頭へ