佐川醤油の故郷・柳井は、白壁の蔵が建ち並ぶ石畳の町並みに、風にそよぐ柳が旅情を誘う瀬戸内の小京都。

おいでませ、柳井へ。

井市は降りただけで旧い町だと知れた。
珍しい町の風景だ。
近年、こういう古めかしい場所がだんだん少なくなっている。
世に有名なのは、伊豆の下田と備中の倉敷だが、ここにもそれに負けないような土蔵造りの家が建ち並んでいる。

歩いている人間も静かなものだし、店の暗い奥に座っている商人の姿も、まるで明治時代からその習慣を受けついでいるような格好であった。

松本清張『花実のない森』 「白壁と川のある街」より

 

白壁の街・柳井


      

白壁の街 柳井へ

     

国木田独歩へ

このページの先頭へ